走っている車

そろそろ新しい車が欲しいなと思った時に考えるのが、現在乗っている車をどうするかという点です。

恐らく車は売却か廃車のどちらかを選択する人が多いでしょうが、いったいどのような点に注目して決めればいいのでしょうか。

廃車でもお金が掛かる

ランドクルーザー

車のオーナーなら誰でも知っているかと思いますが、自動車の処分にはお金がかかります。

廃車にかかる費用には、解体費とリサイクル料金、登録を抹消するための手数料の3つがあります。

自動車リサイクル料金は平成17年より支払うことを義務付けられており、新車購入時か車検時に支払わなければなりません。 もし平成17年以降に車検を入れた車か購入した車であればリサイクル料金は支払い済みなので、廃車時に支払う必要はありません。

車本体だけ廃車にしても登録が残っていたら、毎年税金がかかります。 だから、ナンバープレートを外して運輸支局に持っていき、抹消手続きをしなくてはなりません。 自分で抹消手続きを行えば印紙代などわずかな料金で済みますが、代行サービスを利用する場合は1万円近くかかることもあります。

解体費は車の大きさなどでも異なりますが、1万円から2万円が相場です。 解体費やリサイクル料金、代行手続き費用など色々と合わせたら、3万円以上掛かることだってあり得るのです。 鉄くずスクラップとして買い取ってもらうケースもありますが、軽自動車でよくて1万円程度なので、廃車費用の総額を上回ることはほとんど無いでしょう。

意外と値がつく中古車

自分の車はボロイから値が付かないと思っている人は結構多いものです。

しかし、古い車でも意外と値が付くことだってあるんです。 例えばトヨタのカローラの場合、20年落ちであっても買い取ってくれるところはあります。 10年から15年であれば、まだまだ買値がつく車種は多いでしょう。

人気のある車はどんなに古くなっても、欲しがるところはあるものです。 国内の人気はそれほどではなくても、海外での需要が多いことだって考えられます。 トヨタは海外でもネームバリューがありますから、それで買い取って貰える場合も多いのではないでしょうか。

もし車の売却で5万円でも手元に戻ってきたら、それだけお得になります。 面倒だからという理由以外なら、廃車にするよりは車は売却をした方が断然お得です。

ですからこの車は廃車するしかないと思っている場合でも、まずは中古車買い取りの査定をしてもらうのが一番です。 車の査定をしてもらうだけなら無料なので、まずは試してみましょう!