走っている車

車を売却をするには、自動車本体だけではなくいくつか書類を用意しなくてはいけません。

そこで車を売る前に必要な書類をチェックしてみましょう。

自動車検査証と一緒に保管している書類

白い自動車

車の売却前に書類が揃っているかどうかを確認できれば、売ると決まったときにスムーズにいきます。

軽自動車でも普通自動車でも必ず自動車検査証(車検証)が必要になります。 自動車検査証はグローブボックスなどに保管されていることが多いです。 一緒に以下の書類が保管されているかチェックをしてみましょう。

  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

自賠責保険は、車を所有する上で必ず加入しなくてはいけないものです。 万が一、自賠責の期限が切れている場合は車の売却はできませんし、公道で走らせてもいけません。

リサイクル券も自賠責保険も車検時に一緒に費用を払うことになるので、自動車検査証と一緒に保管されているのが普通です。 万が一紛失している場合は、検査証は運輸支局へ、リサイクル券は自動車リサイクルシステムのホームページにアクセスして再発行の手続きをしましょう。

自動車納税証明書

自動車税は年に1回納める必要のある税金で、毎年5月末が支払う期限です。

税金が未納だと車検も受けられないですし、車の売却もできません。 税金を支払ったら領収書をしっかりと保管しなくてはいけませんので、自動車納税証明書は自動車検査証と一緒にグローブボックスの中へ入れておきましょう。

万が一紛失した場合は、都道府県の税事務所にて再発行ができます。 また、5月末の支払い期限より遅れて支払った人も納税証明書を発行してもらわなくてはいけません。

その他必要なもの

車の売却時に改めて必要になるものは、実印と印鑑証明書です。

車の購入時には必ず実印が必要になるため、車の名義人本人であるなら実印を所有しているはずです。 印鑑証明書は発行日から3ヶ月以内のものが必要なので、新たに発行してもらわなくてはいけません。 なお、軽自動車の場合は実印じゃなくてもいいので、認印だけを用意して下さい。

また、車を売ったお金を受け取るための振込先の銀行口座も必要ですが、これは「キャッシュカード」や「銀行名・支店名・銀行口座番号のメモ書き」でも大丈夫です。

他にも譲渡証明書や委任状も必要になりますが、これは車を買い取ってもらえる業者で作成できます。 そのため、業者側で作成して貰えるかを問い合わせておけば安心です。

書類等に記載されている住所と現住所が異なる場合は住民票、結婚などで姓が変わっている場合は戸籍謄本も必要になるので、前もってチェックしておきましょう。